カート
ユーザー
絞り込む
コンテンツ
加賀ゆびぬき 春を待ちつつ | 森本道恵
49,500円(税込) 〜 247,500円(税込)
各オプションの詳細情報
セット・単品購入
1セット(5点) 247500円
A 49500円
B 49500円
C 49500円
D 49500円
E 49500円
購入数

加賀ゆびぬき 春を待ちつつ | 森本道恵
49,500円(税込) 〜 247,500円(税込)

作品情報

第77回金沢市工芸展 私の選んだ賞 石川県看護協会会長 小藤幹恵様

加賀ゆびぬきは、古くから金沢に伝わるお裁縫道具です。加賀友禅のお針子さんたちは針仕事の中で出る美しいハギレや残り糸を大切に集めて、手作りのゆびぬきを作り実際に使ってきたと伝えられています。限られた材料を大切に使い、工夫を重ねながら模様を生み出し楽しんできたことでしょう。先人の知恵や工夫に想いを馳せ、表面を覆う絹糸の艶やかさ、造形の美しさを生かし、季節のひとこまや想いを作品に込めて制作しています。寒く厳しい冬が過ぎると、雪も溶け、やがて明るい春が必ず訪れます。穏やかな日々が早く戻りますように…、そんな想いを込めて針をすすめました。
作品データ
  • 名前
    加賀ゆびぬき 春を待ちつつ(かがゆびぬき はるをまちつつ)
  • 制作年
    2021年
  • サイズ
    直径80mm×高さ100mm×5個、台座径80mm
  • 材質・素材
    絹糸、真綿、紙、布、アクリル
  • 主な技法
    リング状の土台を制作し、土台の縁を絹糸で規則的にかがり、表面に絹糸を並べ模様を表現しています。

作家プロフィール

連絡先
  • Mail
    michiemorimoto@gmail.com
  • SNS
作家情報
  • 2005年
    金沢への転居を機に加賀ゆびぬき作家 大西由紀子氏に師事 制作を始める

  • 金沢の何気ないひとこまを加賀ゆびぬきの中に
    ・お裁縫道具としての実用的なゆびぬきの制作
    ・コレクションアイテムとして制作

  • 加賀ゆびぬきを身に纏う
    ・伝統の技法はそのままにアクセサリーとして制作

  • 加賀ゆびぬきを伝える
    ・金沢市工芸展に出品
    ・個展、グループ展、ワークショップ(2020年10月よりオンラインレッスンにも対応)
    ・加賀ゆびぬき公募展企画運営ボランティアスタッフ
受賞歴
  • 2010年〜2021年
    金沢市工芸展入選
  • 2021年    
    金沢市工芸展入賞 私が選んだ賞 石川県看護協会会長 小藤幹恵様

配送・購入情報

本作品は宅急便で発送します。
サイズは100サイズです。
送料は700円(税込)です。

単品購入をご希望の方は、写真に書かれている文字とリストの文字を間違えないようご注意ください。

本作品は受注制作品となりますので、受賞作品(写真)とは多少異なります。受注・入金後60日以内に発送します。
クレジットカード決済はご利用いただけません。
柄・サイズなどご希望に応じた受注制作も可能ですので、ご希望の方は直接お問い合わせください。

購入上の注意

本品は国内発注のみお受けしています。
販売作品は手づくりの一品物ですので、表示されている寸法や写真の色などが実物と若干異なる場合がございます。あらかじめご了承のうえ、ご購入ください。

この商品を購入する